logo
イームズなど50年代から60年代の家具のあるカフェ
オーガニック カフェ / ORGANIC CAFE

TEL.03-3791-5151  無休
平日12:00 〜 深夜3:00(L.o.2:00)
祝日12:00 〜 深夜0:00(L.o.23:00)
日曜12:00 〜 20:00(L.o.19:00)

イームズチェアでのんびりタイム
安く美味しい食事はボリュームたっぷり、野菜も多くて大好評です


スポンサード リンク
オーガニック カフェ ORGANIC CAFE
イームズなど50年代から60年代の家具を扱うオーガニックデザインが、カフェになってリニューアル。入口ではショップのために創られたキャラクター・オーガニックボーイが迎えてくれます。店内に置かれたチャールズ・イームズの椅子や ジョージ = ネルソンのマシュマロチェア、そこに腰掛けてお茶がやお酒が飲めてしまうカフェなのです。晴れの日は、目黒川の上をゆっくり渡る東横線と空を眺めながら、ぼんやりするのも快適です。

デザイン好きを惹きつける空気のせいか、客層は若く、デザイン学生のような雰囲気です。ほどよい空間の壁には非売品のフランス50-60年代当時のシルクのポスター、60年代のキャラクター人形達がディスプレイされています。フランスの原色灰皿がポンポン置かれたテーブルもいい感じ。連日ほぼ満員の38席。


ランチメニューのオーガニックディッシュは、一度食べると忘れられない一皿。タイ米&ひき肉と野菜の炒めに、たっぷりサニーレタス、手羽先、その上に半熟で黄身のとろける目玉焼きが乗ったボリュームあるプレート。黄身をからめて食べるタイ米がクセになる人気メニューです。数が限定なので、早めのオーダーをお薦めします。またオーガニックカフェサンド(ハム・クルミ・チーズ・オニオン・目玉焼き)も同じく人気、どれも満足感のあるランチ 5 種類が用意されています。プラスコーヒーか紅茶で 900 円。ランチタイムは平日の月曜から金曜の12 時から14 時です。

ドリンク類も豊富。スタンダードメニュー(コーヒー・ティー 500円 )に加えて、チャイ・マッチャオレ・ミルクキャラメル、冷たい飲み物ではアイスチャイ・マンゴオレ・オランジーナなど、飲んでみたいものが多くて迷います。ケーキもシェフの自家製です。そして日曜日しか食べられない限定スペシャルメニューもあります。和牛の一番いいところを使った美味しいハヤシライスです。

気取らなくて美味しいものを、というポリシーの本格ゴハン。昼と夜では食事のメニューが替わります。イタリアン・アジアンテイスト・ヘルシー系のメニューからその日の気分でいろいろチョイスでき、ワイン・カクテル・ビールとアルコール類と楽しめます。

夜の本格パスタは11種とスペシャルパスタが2種
サイドディッシュとしてタコのコリアンダーソース
アボガドのカニソースとトルティーヤチップス
自家製ピクルス・ソーセージ
黒ゴマの焼きリゾット
スイートチリポテト etc・・・・・・・・・

家具が欲しいという人は直接スタッフへ。価格は良心的でミュージアムより安く、店内の商品以外に在庫も豊富です。本物のオリジナルを研究しつくして製作したレプリカも扱っています。新品でオーダーしてから仕上がりまで約4週間。当時のオリジナル価格に手が届かない人には嬉しいレプリカです。イームズのほかにも北欧モダン家具やハンス・ウェグナー、フィンジュールや無名の優良デザインも取扱っています。

系列店のデポも合わせて、スタッフは随時募集中。こんなカフェで働きたい!という方は、直接お店に面接申込のお電話を。(注・現在メールでのお問い合わせは受付けておりませんのでご了承ください。)



チャールズ・イームズの椅子・・・・・

人体にフィットするフォルム曲線を取り入れ、座りごこちとコストダウンの傑作といわれる。もともとは狭いところで楽に座ることができるように、戦闘機のためにデザインされた椅子。戦後、家が狭くなったためそれに合ったものが安さを競うことに。なかでも研究・開発で群を抜いていたのがイームズの作品。軽量で機能的、遊び心のある斬新なデザインが発表当時も人気を博した。その魅力に現在でもファンが多い。最近はカフェやヘアサロンでも人気急上昇。アームレス・アームつきがあり、脚がすべて取り替えられるのも特徴。



オーガニック カフェ/ ORGANIC CAFE

所在地: 目黒区上目黒1-24-1
最寄り駅: 中目黒駅から徒歩2分 代官山駅から徒歩10分
アクセス: 東横線中目黒駅から改札正面にあるパチンコ屋プるミエのわき道を代官山・目黒川方面へ(パーグラムマーケット方面)、橋に出て川を渡らず、右に曲がる。目黒川沿い。
代官山駅から鎗ケ崎交差点へ、中目黒方面にコンビニ前を通って線路沿いの坂を下る、その道なりの先、目黒川の橋を渡って左

[DFS HOME]